速聴するのと集中するについて

速聴

速聴するのと集中する

集中力 速聴速聴のトレーニングでは集中力もアップすると言われています。これは科学的な根拠はあるのでしょうか?

速聴をしているときは、4倍速で聴くときなんかはその情報に集中していなければとても聴き取ることはできません。この聴く事に集中するという行為が重要なんだと思います。

普通に聴くことは誰でもできます。でもそれは1倍速の音声で早くても2倍速の音声かもしれません。ラジオのパーソナリティーなどは早口なので2倍速くらいで話をしていると感じます。それの倍のスピードとなると集中しなければとても無理です(笑

他の作業をやりながら4倍速が聴き取れる人は相当の変人だと思います(笑

人によっては5倍〜6倍くらいで聴く人もいるみたいですが、そんなに速くしても練習になるんだろうかと疑問になります。はやり普通の人は4倍速までを練習するのがベターなんだと思います。

速聴で重要なのは、聴く事に自分の理解力のスピードも合わせていくこと、つまり脳の加速を早くするトレーニングである事が重要なんだと思います。

普通に勉強とかしていても、これを制限時間に勉強しなさいというのはあまりない、もしあったとしても早くやっても覚えていないなら意味もありません。

短時間であってもそれだけに集中することなんて、普通に生活していてあまりないことなので、それこそが速聴をやる意味なのではと感じます^^




本サイトは速聴を脳力開発に役立てる情報を発信しています。
Copyright(C)2006 速聴の効果を無料体験!.
本サイトはリンクフリーなのでリンクはご自由にどうぞ。