統合失調症とはどのような病気か。について

速聴

統合失調症とはどのような病気か。

統合失調症統合失調症(精神分裂病)は精神病の中でも代表的な病名です。

統合失調症と言われるにようなったのはごく最近で、以前は精神分裂病とよばれていましたが、社会的な偏見があるなどの問題で統合失調症と改名されました。

そんな病名聞いたこともないと思われるかも知れませんが、120人に1人の割り合いで発生していて、日本全体では100万人以上がこの病気で苦しんでいるという大変な病気なのです。

統合失調症の症状は2種類あり、陰性と陽性に分けられます。

陰性:思考の混乱(とりとめのない会話)、気性の変動、無気力感

陽性:幻覚、幻聴からくる暴力や葛藤

陰性の症状はうつ病と似ている部分がありますが、統合失調症との区別は専門家でないと難しいのではないでしょうか。

脳内物質のバランスが悪いのが原因と言われていて、薬物治療が一般的ですが、カウンセリングもいっしょに行う方がいいと思います。

うつと対照的なのが、脳内物質が分泌されていないわけではなく、逆に分泌され過ぎて、頭の中が混乱しているのがこの病気の特徴だと思います。

速聴でこの病気が治療できるわけではありませんが、薬物療法とぼんようして行うのは悪くはないと思います。

なぜなら速聴ではさまざまな脳力が開発されますが、その中にコミュニケーション脳力も開発された人も多いです。

人と接するのが苦手という人が速聴を練習するのは悪い事ではないと考えれます。

思考の混乱から会話が上手く出来ないような症状も改善に向かう可能性は十分に考えられます^^

もし速聴が治療に貢献できるならこれは画期的な治療法になるのではないでしょうか、何しろ聴くだけのトレーニングで簡単にできるのですから^^

潜在的な患者、発病(幻覚、幻聴)していない患者さんがたくさんいると考えると、速聴で少しでも改善できるならば喜ばしいことだと思います。

エスエスアイさんももっと研究して、その辺の治療に関しても追求してもいいのではないでしょうか。




本サイトは速聴を脳力開発に役立てる情報を発信しています。
Copyright(C)2006 速聴の効果を無料体験!.
本サイトはリンクフリーなのでリンクはご自由にどうぞ。