ウェルニッケ中枢ってなんなの?について

速聴

ウェルニッケ中枢ってなんなの?

ウェルニッケ中枢 速聴ウェルニッケ中枢は言語中枢とも言われますが、言葉を理解する働きのある脳の部分です。

ウェルニッケ中枢が速聴で刺激されると言われていますが、まさに言語を理解するのに活発に働いているという状態でしょうか。

ウェルニッケ中枢に障害をもった人は、言葉が理解できない状態になるらしいです。でも聴覚は問題なく聴き取れるので、何か聴こえるけど何を話しているのか理解できない状態だと思います。

速聴で高速音声を聴き取るのにウェルニッケ中枢の働きは欠かせませんが、それ以外の部分もトレーニングを続ける事で活性化されていくとエスエスアイでは言っています。

これを汎化作用というらしいです。つまり、ウェルニッケ中枢から全脳にいい影響(活性化)を与えていくということでしょうか。

高速音声を聴き取るということ自体ふつうではありえない状況です。まず速聴をやったことがない人が、いきなり4倍速の音声を聴いたからといって聴き取れることはありません。

4倍速を聴き取れる脳になった場合は、ウェルニッケ中枢が活発になったと考える事ができるのではないでしょうか。

さらに速聴を継続することで、脳のあらゆる部分に汎化作用するのは素晴らしいことだと思います^^

ちょっと褒めすぎたかな?取り合えず速聴は継続することに意味があると考えた方がいいでしょう。




本サイトは速聴を脳力開発に役立てる情報を発信しています。
Copyright(C)2006 速聴の効果を無料体験!.
本サイトはリンクフリーなのでリンクはご自由にどうぞ。