パレートの法則で考えるについて

速聴

パレートの法則で考える

経済マーケティングを学ぶときに、パレートの法則で例えることがよくある。会社の中で一生懸命働いて、利益を出している社員は2割で、それ以外の社員が8割だと考える、2対8の法則である。

2割の社員は会社全体の8割の利益を生み出しているとも言われる。これは少し極端な話に聞こえるが、実はそうともいえない。
営業の成績で、トップクラスの社員は、あまり売っていない社員の何倍もの売上げを上げていることがある。

ここで考えなければならないのは、2割の勝ち組は、何倍も働く事はできなくても、効率よく仕事することで結果的に何倍もの売上げを上げていると考えるべきだろう。

頭の回転を速くする4倍速CDプログラム

2倍速ボタン 3倍速ボタン 4倍速ボタン




本サイトは速聴を脳力開発に役立てる情報を発信しています。
Copyright(C)2006 速聴の効果を無料体験!.
本サイトはリンクフリーなのでリンクはご自由にどうぞ。